トップへ戻る English | お問い合わせ | お気に入り リストに加える | お気に入り リストを見る | カートを見る
ホーム > 製品一覧 >
DL1 MK2 GPSデータロガー ±2G
高精度GPSデータロギングシステム DL-1 内蔵加速度センサー±2G仕様
最終更新日 2015/02/04
DL1  MK2 GPSデータロガー ±2G
型番 DL1-2-5-2G
定価 ¥109,800    ダイレクトショップページへ
プレスリリース press_dl1.htm
FAQよくある質問


製品特徴

DL1 は、非常にコンパクトで高性能なデータロギングシステムです。
移動体の位置情報と高精度な外部入力をコンパクトフラッシュカードに記録します。

ソフトウエアは無料で、どなたでも使用できます。

■レースカーの性能アップ
■ドライビングテクニックのアップ
■継続的なエンジンパワーの測定
■ブレーキ性能の測定
■タイヤ性能の測定
■GPSによるサーキット形状の取得
■衝突実験など学術的データの取得
■デモカーの走行データを公開してPR
■エコカーのデータ収集
■ロボット、移動体のデータ収集
■ログデータをホームページで公開してバーチャルレース
■雑誌の企画と連携した実走行データの公開
など、様々な使用方法があります。

DL1の詳細な解説・レーステクノロジーのWEBサイト

■正面の Start/Stopボタンを押すだけの簡単操作。
image

■背面に各種センサー類を接続できます。
シガーライターに電源をつなぎ、GPSアンテナを取り付け(マグネット)メモリーカードを差し込むだけで計測できます。
他のセンサー類は、必要がある場合のみ接続します。
image

データアナライズソフトウエアーの詳細な解説

■Race-Technologyについて
マーティン J ヒル博士とアンドリュー J デュラント博士により2002年に創業されました。
創業者の二人は多くの実績を持ち、エンジニアリング界の天才と謳われています。
特に一般向けGPSシステムに対して、驚異的な精度を実現させる手法を開発しました。
世界の大企業に対して技術供与するなど、圧倒的な技術力を持っています。
イギリス本社は、技術者のほとんどが博士号を持つ、最先端の研究所となっています。

■DL1とAX22の違い
AX22は、複数車両の走行データ収集や性能比較に向いています。
DL1は、一台の車両に固定して、多くのセンサーデータを収集する目的に向いています。
データの精度は AX22 も DL1 も同じですが、外部入力数とディスプレイ表示が異なります。

※性能試験器のため、一般公道での使用はできません。
※DL1は、使用する方の目的や、能力により威力を発揮する製品です。
一般的な製品のように、詳細な使用方法を明示、サポートできるタイプの製品ではありません。

※製品価格には、基本的な使用方法以外のサポートや、センサーの設置、接続方法、計算式の提供に関するサポート料金は含まれておりません。

※レーステクノロジーの製品は販売国に応じて、GPS、ファームウエア仕様、付属品などが異なります。 海外でご使用になる場合には、事前に当社までご相談ください。


製品仕様

測定誤差0.1%以内(時速16Km以上)
最高測定速度時速 約1600Km
速度測定方法GPSとGセンサーのコンビネーション
測位測定方法GPSとGセンサーのコンビネーション
連続ロギング時間連続5日間(2GバイトCFカード使用時)
ロギング間隔1秒間に100回(0.01秒)
位置更新間隔1秒間に100回(0.01秒)
GPS高速・高精度GPS
GPS更新間隔1秒間に5回(5Hz)
GPS誤差通常 3m以内
Gセンサー精度0.005G 最高±2G
アナログ入力8入力 12Vフルスケール
A/Dコンバーター精度12bit
ディジタル入力4(パルス入力)最高 2KHz
ラップビーコン入力1
点火信号入力2種類 (高電圧・低電圧)
スタート/ストップ入力1
ステータス出力1
センサー用+5V出力1
GPSアンテナ入出力1
シリアル入出力1
CFカードスロット1
12V電源入力1
データ生成方法CFメモリーカードにファイルとして生成
必要容量一時間あたり 18Mバイト


製品構成

本体 X 1
耐震24ピンコネクター X 1
シガレットライター電源アダプター X 1
GPSアンテナ(マグネット設置) X 1
固定金具 X 2
ソフトウエアーCD-ROM X 1
収納ケース一式 X 1